いきなり店長が後ろから抱き着いてきて…

閲覧数:57 ビュー 文字数:1740 いいね数:0 0件

こちらは当サイト犯されたい女のH体験談投稿フォームより、tomoko(40歳・男性)さんから投稿頂いた体験談です。

私は、大学時代に居酒屋でアルバイトをしていました。

そこで、嫌味なことをよく言って、みんなに嫌われている男性社員がいました。

男のくせに、小さいことを、グチグチ言い、バイト仲間からは、その人と一緒のシフトになると、嫌だと言う声が出ていて、私もその中の一人でした。

ある日、私のその人が最後まで仕事をする日がありました。

冬の寒い日で、確かインフルエンザとかでバイトに出られる人がいなくなり、私はシフトに入っていなかったのですが、人がいないということで、その嫌われている社員の人から連絡があり、暇だったし、時給を上げてくれるというので、仕事に行きました。

普段は、最後までバイトが2人くらいいて、社員がいて、片付けとなるので、二人になることはありませんでした。

仕事もばたばたでしたが、片付けも二人で大変でした。

片付けが終わり、その日は賄いも食べていないくらい忙しくて、仕事終わりに社員の人に言われて、初めてお腹がすごく減っていることに気がついて、一緒に賄いを食べました。

食べているときに、冷静になり、この話、バイト仲間にしたら敬遠されるだろうなと思いました。

食べ終わり、洗い物をしていると、社員の人が後ろから抱き着いてきました。

いきなりだったので、びっくりました。

身長は高いのですが、やせ形だったので、こんなに力あるんだなとびっくりました。

「何するんですか?」

と私が言ったのですが、離してくれず、私も当時からエッチが大好きだったこともあり、彼氏がいなかったこともあり、エッチな気分になっていたのかもしれません。

ダメって言いながらも、どこか期待して、あそこはもう濡れていたのかもしれません。

「やめてください」

って言うと、社員も興奮したのか、むりやり私にキスをしてきました。

最初から激しく、舌を入れてきました。

嫌って言いながらも、力があまり入っていないことに相手も気が付いたのだろうと思い、そこでストップはしません。

激しくキスをされて、強引に手を引かれ、居酒屋の畳みのある個室に連れて行かれ、再度キスをしながら胸を揉まれます。

彼は一言も発してはいないのですが、息遣いで興奮しているのが分かりました。

「店長、やめてください」

と言いながらも感じている私、彼のあそこがすでに大きくなっているのが分かりました。

しかし、自分から彼のあそこを触ろうとはしません。

彼は私の洋服を脱がせて、自分のズボンも脱ぎました。

そして、69の体勢になり、私のあそこをペロペロと舐めだしました。

久しぶりにあそこを舐めてもらえて声を出してしまう私。

彼の大きくなったあそこがそこにあるのですが、口に入るか不安なくらい大きかったのです。

彼は、舌が長いのか、ゆっくりと舐めてきますが、舌のざらざらがとても気持ち良くて、時々、先をとがらせて、私の中に入ってきます。

クンニだけでイッたことがなかった私、彼氏は、それをあまりしてもくれませんでした。

店長のクンニの舌使いがうまく、入れてもないのに、私はイッテしまいました。

すぐに入れてほしかったのですが、彼は私の口に自分のあそこを入れようとしますが、私が口をあけないので、

「ごめん」

と謝ってきました。

それから、入れてほしかったのですが、彼は入れてくれませんでした。

彼はテーブルの横にあったティッシュを手に取り、私のあそこを優しく拭いてくれました。

「○○さん、すいません」

と正座して謝りました。

「僕、○○さんのこと好きみたいです」

と告白されたのですが、なんだかそれは萎えてしまったのです。

「店長とは付き合えません」

とお断りしました。

その日出来事は誰にも言わず、店長はなぜかすぐに店をやめてしまいました。

レイプだったと言えば、そうかもしれませんが、気持ち良くて、意外と話すと優しかった店長。

もっとしたいなって思っていたのか秘密です。

犯されたい女のH体験談投稿募集中

当サイトでは男性に犯されて性的興奮を感じてしまう女性のエッチな体験談を募集しています。
投稿する